2006年04月02日

出したらしまう・・・できれば苦労しないって(泣)

出したらしまう。
これができれば、呼吸をするかの如くお部屋が綺麗になるでしょう。
そういう人に、私はなりたい(マジ)。


しかし現実は、沢山の物を出してしまったり、1個出すために他のものまで出さなくてはならなかったり、忙しかったり、いろんな理由で出したものが出しっぱなしになりがちです。
散らかっている物、物、物を眺めていると、一体どこから手をつけてよいのやら・・・情けなくてため息が出ます。

いつも完全にできなくて、あたりまえ。
気が乗ったときだけでも部屋の一部分だけでもいいんです。
少しずつでもいいから、しまっていきましょう。
その積み重ねが大事。

片付けに終わりはありません(多分)。
なので、思ったように片付けられなくても、あまり己を責めないほうがいいように思います。
それよりも片付けようという気持ちを継続させるほうが重要。
昨日より今日のほうが片付けられたじゃん、と 自分を褒めてあげましょう。
そして明日の自分は、今日の自分よりもきっと 上手く片付けられますよ。

お片づけ本でよく提唱されている
「月曜日はキッチン、火曜日はリビング 等々と曜日ごとに決める方法」がまだ敷居が高いという場合、まずはこちらで提案されている如く、「処分デー」を決めてしまうのも一案かと思います。
              ↑
※布作品をつくっているtomomiさんの頁。シンプルに素敵に生活する知恵満載!

この日だけは、片付けをしましょう。

 

こちらの記事も、ご一緒に如何ですか?

何かをする合間に、お片付け

散らかれば散らかるほど、部屋は散らかる

 

ご意見ご感想反論ご提案 お待ちしております。
無断リンク&ブックマーク・トラックバック大歓迎!

posted by あろま at 09:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっとずつで良いのだよ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。