2006年05月07日

魚、どう焼く?

魚、調理しにくい印象が最近までぬぐいきれませんでしたが、慣れてくると案外平気になるものです。
調理方法次第では、かえって肉を使うより楽かも?
(あろまはこう思えるまで、6年かかりました)

魚の油は健康にもよく、夜遅く食べても肉に比べて胃もたれしません。
積極的に取り入れたいものです。

魚まるまる1尾あれば、これだけでおかず一品かせげます。
賢い焼き方はよく分りませんが、不器用さんでも失敗しにくい焼き方は下記のとおり:

1.     コンロに付属している魚焼きグリルの下に水を入れる。
2.     網の上に魚を並べる。
3.     極弱火にし、じっくりと待つ。焼き色がついたら裏返す。

おおよそ1時間ほどかかるのが難ですが、それだけ。
弱火で焼いたほうが、確実に全体に火をいきわたらせることができます。

長時間網に入れていると忘れてしまうため、定期的に魚の焼き加減をチェックしてくださいね。
あろまも初心者なので、こうすればいいよ!というアイデアをお持ちの方、是非教えてください。

こちらの記事も、ご一緒に如何ですか?

これは必携!キッチンタイマー

 

ご意見ご感想反論ご提案 お待ちしております。
無断リンク&ブックマーク・トラックバック大歓迎!

posted by あろま at 10:34| Comment(5) | TrackBack(0) | 料理してみよう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私は、グリルの水受け皿に水ではなく魚焼きグリル用の石を入れています。
水受けの中に小石がざらざらっと入ってる感じです。

詳しくは解りませんが石のセラミックから出る遠赤外線かなんかが魚をふんわりおいしく焼き上げてくれます。

それと、グリルの水受けってものすごく油でベタベタになって洗うのが嫌になりますが、この石だと魚を焼いた後でちょっと混ぜておけば、グリルの水受けは洗わなくても網だけ洗えばOKです。
石は、しばらく使うと油を吸った部分が黒くなるので、そうなったら新しい石と交換し、古い石は園芸に使えます。

この石を使うようになってからうちの魚率は上がりました。かなりラクです。

通販会社数社で扱っていますので、一度見てみて下さい。
Posted by 筋肉おばはん帯 at 2006年05月07日 12:45
筋肉おばはん帯さん、いつも貴重な情報をありがとうございます。

魚焼きグリル用の石!まったく知りませんでした。
グリルの水受けは確かに使った後洗うのが非常に嫌なものですが、これが楽になりかつ魚が美味しく焼きあがるって、すごい機能ですね。魚率上げ対策にはうってつけかも。

一度試してみたいと思います。ありがとうございました。
Posted by あろま at 2006年05月08日 13:17
こんばんは!
伊藤家の食卓の簡単ダイエットの記事へのコメントありがとうございます。
あのやり方簡単ですよね?

私、前居酒屋で働いてたんでよく魚さばきましたよー。
慣れると結構うまくいきますよね。

弱火で焼くって言っても1時間って長いですね!
Posted by 青山ユウキ 伊藤家の食卓 簡単ダイエット at 2006年05月08日 22:17
青山ユウキさん、こんにちわ。
こちらこそコメントありがとうございました。

すごいですね、魚さばきも経験値かな?
昨日さばいてあじ料理を作ったのですが、旦那様より「とても美味しいが骨が多い・・・」と言われてしまいました。
さばくの始めたばかりなのですが、沢山さばいて骨の存在を感じさせない程度になりたいナ。

1時間。確かに長い・・・笑
短くすべく火を強めにすると、中まで通らないんですよね。まだまだコツをつかんでません。
どの程度の火力と時間で程よく焼きあがるか?いろいろ試してみたいと思ってます。
Posted by あろま at 2006年05月09日 13:07
 1時間は長いよ〜。

 うちは、だいたい強火で焼くけど、滅多に中まで焼けてないことはないです。弱火・・・中がパサパサすることはないのかな?

 魚焼きグリルは、都度洗います。我が家はトースター代わりにも使っているので。

 あじ料理は、何を作ったの?刺身にするなら、骨抜きを買っておいたら便利だよ。
Posted by ふぐ at 2006年06月07日 13:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。