2006年06月18日

お寝坊さんにお勧め♪な朝食

 
夕飯が24:00過ぎになりがちで専ら朝食抜きのあろま家でしたが、「糖尿病になりやすくなるから、朝食抜きは怖いよ〜」というアドバイスを受け、ようやく重い腰をあげました。 
ふぐさん、アドバイスありがとうございます。 
 
面倒くさがりで食パン等の冷凍も忘れてしまいがちだし、朝食の習慣が根付くか否かも怪しいので、 
「美味しく保存がきき、準備がラクな乾物」が条件。 
んな都合のいい食材、あんのか〜〜〜? 
半信半疑で店に行き・・・ 
 
見つけたのはコレ。 
↓ 
 
 
【カルディー】セッテンバッハ ミューズリー・セット
 
ミューズリー 
今までシリアルに対していた苦手意識を一掃してくれた逸品。 
ドライフルーツや木の実系がふんだんに盛り込まれており、実とかが硬くてよく噛まざるを得ない為、眼がとてもよく覚めます。 
牛乳又はヨーグルトと一緒にどうぞ。 
 
 
 
クラコット プレーン
 
クラコット 
小さくて、クラッカーよりちょっと柔らかな乾パン。さくさくしてます。 
何もつけなくても美味しいですが、チーズやアボガドソースなどのディップ系と相性抜群。 
最近人気が出ているのか、スーパーでも急によく見かけるようになりました。 
 
時間にちょっと余裕があるときには、プチトマトやきゅうり、苺を添えるのもいい感じです。 
 
長続きするか心配でしたが、ラクチンで美味しいのが幸いしたのか、思ったよりも長続きしています。 
ベーシックな味のせいか、繰り返し食べても飽きません。 
旦那の体調も良くなったそうだし。朝も寝起きよくなったし。侮れん。 
 
これから習慣づけようかな〜とお考えの方、是非お試しあれ。 
 
 
ご意見ご感想反論ご提案 お待ちしております。 
無断リンク&ブックマーク・トラックバック大歓迎! 
 
 
posted by あろま at 20:28| Comment(6) | TrackBack(0) | 料理してみよう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 おぉー、朝ごはん食べだしたのね。旦那サマの体調も良くなったとのこと、おめでとうございます。

 我が家の朝食は、ご存知の通り、がっつり和食党なのですが、やはり朝食の準備はけっこう大変。お弁当を作る時間もあるので、できるだけ夜に仕込みます。
 
 お米は、寝る前に研いで、タイマーをかけ、朝には炊けている状態に。味噌汁は、夕食作りのときに、朝ごはんの分まで作ってしまうので、温めるだけ。味噌汁は、油揚げや豆腐を含め具を3品くらい入れるので、これでちょっと野菜が摂れます。

 だから・・・あとはサラダを作ったり、魚を焼いたり(魚焼きグリルに入れるだけ)、夕べの残りのおひたしを出したり、納豆にねぎと鰹節と生卵を入れたり。

 土日はパンが多いので、ちょっとトーストしたパンに、マーガリンを塗り、その上にケチャップを塗って、ハムを乗せ、輪切りトマト&輪切りピーマンを乗せ、溶けるチーズを乗せて、再度トーストすれば、簡単ピザトースト。これにスープとヨーグルトと牛乳で、お腹いっぱいです。

 はじめのうちは、あろまさんお勧めのシリアルやクラコットなど使って、朝ごはんが定着してきたらパンとかご飯に切り替えたほうが、たぶん経済的かも?けっこう、シリアルやクラコットって、毎日続けるにはお金かかりそうじゃない?
 
Posted by ふぐ at 2006年06月21日 11:55
コメントありがとう。遅れました〜
ふぐさんところは朝食がすごい充実していて、いつも感動です。
コメントの「あとは・・・」以降が何気に大変そうに思える(笑)

今のウチのメニューはずぼらなので、とにかく「まな板や調理用具を汚さない」「すぐ出せる」のが中心になってます。
私が仕事の無い日なぞは、ちょっとずつ「トースト」の日が増えてきました。
たまにはバラエティ変えて、ご指摘のピザトーストか納豆トーストとかやってみようかな。

シリアルは少し高値ですが、クラコットは結構安いです。慣れてきたらご飯やパンを織り交ぜながら、バラエティを持たせていくのがいいかもしれません。

旦那は最近「そのうちご飯食にしよう」なぞと言いはじめました。作ってくれ〜!(笑)
Posted by あろま at 2006年06月26日 13:14
 「あとは・・・」以降のメニュー、ちょっとずつ旦那サマに手伝ってもらえば楽チンです。時々、「私より、夫のほうが朝ごはんの支度は大変かも」なんて思うことも(笑)。

 たとえば、納豆。納豆を入れる器と納豆と箸と醤油を食卓の夫の席の目の前!に置いておき、混ぜてもらう。その間に薬味を用意。納豆をねばねば混ぜてもらったものを持ってきてもらい、薬味や卵など入れて、また夫に渡す。味付けもお任せ。鰹節や、ちりめんじゃことかしらすとか小女子などの小魚や、生卵なら、調理用具を汚さず、すぐ出せるよ。ちょっと時間のあるときは、ねぎを切ってみるとか、しその千切りを入れても美味しいよ。

 サラダも、たとえばトマトときゅうりを切ってお皿に盛るのは自分でやって、マヨネーズやドレッシングは旦那サマに好きなものをかけてもらう。レタスを洗ってパリッとさせて水気を切るのはちょっと朝面倒だろうけど、トマトとかきゅうりとかなら切って出すだけ。まな板と包丁だって、せっけんで洗わなくても水洗いだけでも大丈夫だよ。

 牛乳を冷蔵庫から出してコップに入れるのも夫。ごはんをよそうのも夫(「ごはん出来たから、盛って」と頼む)。私がもたもたしているときは味噌汁も。オムレツを焼くのは私だけど、ケチャップをかけるのは夫。ソーセージを焼くのは私だけど、ケチャップと粒マスタードをかけるのも夫。ヨーグルトを盛り付けるのは私だけど、はちみつを入れるのは夫。食後のお茶のためのお湯を沸かすのは私だけど、沸いたあとのガスを止めてお茶を入れるのは夫。

 、、、やらせすぎかなぁ・・・?

 でも、旦那サマが「ご飯食にしよう」って言い始めているんだし、朝は忙しいんだから、協力してもらわないと!!
Posted by ふぐ at 2006年06月26日 15:42
解説ありがとう。
・・・達人や(マジ)。

いや〜、ここまで旦那をちゃんと教育できているのは、天晴れという他ありません。
やらせすぎではないと思いますよ。

それともウチがやらなさすぎかなぁ。
でも最近は指示を出せば少しずつ気が向いたときは動いてくれるから、まだ良いほうかも(気が向かないと何を言っても動きませんが・・・)。

ご飯にしたいと旦那が主張するときには、ここぞとばかりに動いてもらいましょう。
旦那様の教育法、機会があったらじっくり教えてくださいませ。
Posted by あろま at 2006年06月26日 22:13
 教育、じゃなくて、恐育だったりして・・・(汗)。

 特に、朝は、出かける時間が決まっているので、夫も、自分が動かないと遅刻してしまう、という気分になるのかも。やっぱり、朝手伝ってもらうところからはじめるのがいいと思うよ。あと、「これをこうして」と、具体的にお願いする。動かないときは、しばらく放っておく。そして、やってもらったら「ありがと」と言う。まぁ、朝は、お礼なんて言ってる暇があったら動け、って感じですが。

 あとは、ご飯食になったら、旦那サマに「やっぱりご飯は美味しいなぁ、このおかずも美味しいなぁ」って褒めてもらう。褒められると、作る側のやる気も出るものです!そして、「あなたがいろいろ手伝ってくれるからよ!(これからもよろしくね!)」とこっちも褒め殺す。

 うーん、ちょっと題目からはずれましたね。お寝坊さんにお勧めの朝食、ゆで卵なんかも良いと思います。ゆで卵は、生卵よりは日持ちしませんが、冷蔵庫で2〜3日はもつそうです。まとめて作っておいて、朝は殻をむくだけ(それも旦那サマの席の前に2人分置いておく!)って、どう???
Posted by ふぐ at 2006年06月27日 11:26
なるほどね〜
ウチの場合は「自分が動かないと遅れる」っつーのが無いのが痛い・・・(私がバイトに遅れるのみ)

あとは「具体的に指示」「褒め殺し(?)」がポイントかぁ。旦那様には具体的に指示すること!と、allaboutの記事にもありました。自発的に動くことをあまり期待してはいけないのは残念だけど、それが事実。

ゆで卵ね〜
脂質とりすぎに注意しながら、参考にさせてもらうね。
Posted by あろま at 2006年07月02日 20:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/19471999

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。