2006年05月09日

そろそろ常備菜、作ってみない?@

その場は面倒に感じるかもしれませんが、常備菜はあると本当に助かります。
だって、冷蔵庫から出すだけでおかず一品になるんですもの。
ぜーんぜんやる気が起きないときだって、ご飯さえ炊けば外食に行かずにすみます。
お弁当を作るのに、何度助けられたことやら。


ちょっと季節外れかもしれませんが、お義母さまから教わった常備菜をご紹介します。
jobisai1.jpg 

■松前漬け

材料(2人前)
するめ又はいか                     200-300g程度
かずのこ                1切れ
にんじん                 1本
干し昆布                100-200g程度?(お好みで)
調味料: みりん150cc、酒100cc、しょうゆ100cc。即ち比率みりん:酒:しょうゆ=3:2:2程度がいい感じ。
具材の分量に応じ、お好みで調整してください。

作り方:
1.       するめ又はいかは、3-4cm程度の幅に切る(足の部分を使うのが、大きさ的にちょうどいい)。かずのこも同じくらいの大きさに切る。
2.       にんじんは細長く切る。干し昆布ははさみでにんじんと同じくらいの大きさに切る。
3.       1と2をボウルに入れ、調味料も全部入れてかきまぜる。
4.       びん又は保存容器に3をうつして冷蔵庫へ。

するめを使えば日持ちしますが、1夜干しのいかや生いかを使う場合は早めに食べきってください。
にんじんと干し昆布はなるべくいい、できれば有機素材を使うのが美味しさの秘訣だそうです。
するめ・かずのこに比して「ちょっと多い?」と感じる程度でちょうどいいとのこと。

細かく切りすぎると味がしみこまないので、少し大きめに切るほうがいいらしいです。
あろまさんは小さく切れないので、そんな心配は全くないのですが・・・(苦笑)

上記分量で、大体1週間〜10日間程度はもちます。
いいねぇ。

もう1種類常備菜があれば、より助かります。(後日ご紹介しますネ)
んで、買っておいたキムチやお野菜を添えれば、晩御飯成立。味噌汁添えればカンペキ。
こんなんでいいのか、我が家の食卓。

・・・最近本を見ながら料理を作ると、旦那が大きな反応を示すのって 気のせいかなぁ。
(つまりそれだけ手抜きをしているのです フフ)

こちらの記事も、ご一緒に如何ですか?

こりゃ〜使える!食材

 

ご意見ご感想反論ご提案 お待ちしております。
無断リンク&ブックマーク・トラックバック大歓迎!
 

posted by あろま at 12:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理してみよう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月07日

魚、どう焼く?

魚、調理しにくい印象が最近までぬぐいきれませんでしたが、慣れてくると案外平気になるものです。
調理方法次第では、かえって肉を使うより楽かも?
(あろまはこう思えるまで、6年かかりました)

魚の油は健康にもよく、夜遅く食べても肉に比べて胃もたれしません。
積極的に取り入れたいものです。

魚まるまる1尾あれば、これだけでおかず一品かせげます。
賢い焼き方はよく分りませんが、不器用さんでも失敗しにくい焼き方は下記のとおり:

1.     コンロに付属している魚焼きグリルの下に水を入れる。
2.     網の上に魚を並べる。
3.     極弱火にし、じっくりと待つ。焼き色がついたら裏返す。

おおよそ1時間ほどかかるのが難ですが、それだけ。
弱火で焼いたほうが、確実に全体に火をいきわたらせることができます。

長時間網に入れていると忘れてしまうため、定期的に魚の焼き加減をチェックしてくださいね。
あろまも初心者なので、こうすればいいよ!というアイデアをお持ちの方、是非教えてください。

こちらの記事も、ご一緒に如何ですか?

これは必携!キッチンタイマー

 

ご意見ご感想反論ご提案 お待ちしております。
無断リンク&ブックマーク・トラックバック大歓迎!

posted by あろま at 10:34| Comment(5) | TrackBack(0) | 料理してみよう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月06日

こんなたたみ方、如何?

洗濯をした後の処理、悩ましいものですよね。 
いろんな媒体で、いろんなたたみ方が紹介されています。 
また、親に教わったたたみ方を何となく引き継いだりしていませんか。 
 
基本的には、たたむ系の衣類は立てて収納することが、多くの媒体で薦められています。 
→取り出し易さが違います 
中身が見えるプラケースを使うと、引き出し易いですよ。 
 
ポイントは、お部屋のお片づけにも共通することですが、ぎっちり詰め込まないこと。 
詰め込みすぎると型崩れやしわが出来易い上、ひとつ取り出すとまわりの服まで一緒に出てきて形が崩れ、非常に腹がたちます。 
詰め込みすぎないのって難しいんですけどね(^^; 
 
あろま自身もいい方法を研究中ですが、こんなたたみ方しています。 
多分衣類を傷めてない・・・とは思うのですが、もし使えそうなものがありましたらお試しください。 
 
 
靴下 
足先からくるくると巻いていき、最後に袋を入れる部分から全体をかぱっとかぶせる。 
丸い形状になり取り出しやすい。 
socks1.jpg  socks2.jpg

ベルト 
ベルトの先からぐるぐると巻く。 
合気道に使う帯、この方法で巻いていたら周囲に受けました・・・ 笑 
belt.jpg 
 
ネクタイ 
全体を半分におり、クビ元部分からくるくる。巻き終わりを下にしてケースへ。 
tie1.jpg  tie2.jpg 
 
こちらも参考になりますよ。 
 
丁寧に1手順ごとに写真付き。これは使えそうっす。 
「洋服収納」おまかせBOOK 
 
紙コップに下着は、なるほどなぁ〜と思いました。しかし紙コップだと、小さすぎないか?? 
衣類の収納と捨て方 
 
いっそたたまないって選択肢もありますね。 
散らかし上手の美・収納 
 
有名なたたみ方らしいですが、ぼけあろまにはよく分りませんでした・・・ 動画で見たい。 
伊東家の食卓 
 
 
ご意見ご感想反論ご提案 お待ちしております。 
無断リンク&ブックマーク・トラックバック大歓迎! 
 
 
 
posted by あろま at 18:02| Comment(0) | TrackBack(1) | 洗濯してみよう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月04日

シコシコやる?トイレ掃除

いつかは触れなきゃ・・・と思いつつ今日まできましたが、洗濯同様、あまりラクチンネタを見つけられていません。 
同時に、こりゃーいい!と手を打つほどいい方法もweb上で見つけられませんでした。 
トイレ掃除で商売繁盛とか性格が変わったとか、その素晴らしさを説くサイトは幾つかありましたが・・・ 
即ち、皆地道にシコシコ苦労されているということですね。 
 
トイレ掃除、どのサイトでも共通して触れられているのが「こまめに掃除する」こと。 
どうやらトイレの汚れは放置してしまうと落としにくくなるようで、少なくとも1週間に1度は、床や壁も含めて掃除するほうがいいそうです。 
 
職場では実行できているのですが、案外おうちで余裕が無いと厳しいかも・・・(イカン) 
 
いろんな方法が紹介されていますが、個人的には使い捨て系が最もラクチンかな〜と思います。 
あまりエコにはやさしくないかもしれませんが・・・ 
 
トイレクイックル or トイレお掃除シート 
とにかくこれでひたすら、トイレ回りをひとふき。比較的綺麗なところからはじめ、便器ふちの内側などは最後に。んで、流して終わり。 
 
トイレ掃除は流せるブラシで・・・ 
トイレ掃除ブラシの汚れは下水並みという記事を考えると、こういうの使うのも一案かと。 
 
LOHASな暮らし。 
お酢をふきかけてトイレットペーパーで拭く提案。これは一度試してみたいと思っています。 
 
INAX Maintenance お掃除の知恵 
何と携帯用シャンプーの残りをトイレ掃除に使う案が。へぇぇ〜〜〜 
この頁、他にも驚く系が一杯です。 
 
 
先日久しぶりに(←おいおい)、タンクや床・壁も含めてちょっと丁寧に拭き掃除してみました。 
気のせいかもしれませんが、トイレに入って何となく感じていた不快な臭いが和らいだかも! 
(勿論、消臭剤はいつも置いていますよ〜) 
思ったより床・壁に飛んでいるかもしれませんね。 
 
いつも漠然と不快感を抱えているよりも、いっそのこと定期的に掃除しちゃったほうが気持ちよく使えそうだな、と思いました。 
 
 
ご意見ご感想反論ご提案 お待ちしております。 
無断リンク&ブックマーク・トラックバック大歓迎! 
 
 
posted by あろま at 00:12| Comment(5) | TrackBack(1) | 掃除してみよう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月03日

レシピとも言えない位、手抜きな一品E

■しその葉ごはん

 

材料(2人前)
しそ                     5-6枚(お好みで)
ごはん                   茶碗2杯分
塩                         小さじ2-3?(お好みで)

作り方:しそをこまかくちぎってご飯にかける。塩もふりかけ、よくかきまぜる。

え〜〜?
って感じですが、普段と違うご飯が出てくると家族に喜ばれます。
それに結構おいしかったりして。



ご意見ご感想反論ご提案 お待ちしております。
無断リンク&ブックマーク・トラックバック大歓迎!

posted by あろま at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理してみよう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月30日

オフィスでお片づけ、なかなか進まない場合には・・・

この頁のアクセス解析を見ていて、「オフィスでお片づけ」関連には興味を持つ方が多いのだなぁと改めて感じました。 
 
なかなか慣れるまでは、メモやコピー、カタログ等捨てづらいものかと思います。 
オフィスの整理術はいろんな手法があるようですが、不器用の視点から見たとてもいい方法をひとつ。 
 
それは、「周りの人間にも共有ファイル・共有スペースの整理をお願いする」こと。 
貴方の回りでうまく整理整頓ができていて、かつ同僚・部下・派遣・アルバイト社員など巻き込みやすいヒトが理想。 
そして「手の空いたときに、棚の中とかファイルとか、一緒に整理してくれませんか?」又は「手の空いたときに少しずつ整理して頂けませんか?」とお願いしちゃいましょう。 
 
マジメで仕事をフルに抱えていない方であれば、みるみる回りを整頓してもらえます。 
共有ファイルや共有スペースが綺麗になれば、ベースはできたも同然。 
あとは作ってもらった共有ファイルに書類を入れるときに、自分が気をつければいいだけです。 
どうやってインデックスをつけているか、どういうカテゴリ分けをしているか、どういうポケットファイルを使っているか。見て自分用の参考にもできます。 
 
あろまのお片づけは、見かねた同僚・派遣社員の整理整頓からはじまったもの。 
彼らの働きで探している書類や備品がすぐに見つかるようになり、すぐに見つかるって素晴らしい!という快感を沢山味わうことができました。 
その快感から、いつの間にか自分の机回りも「捨てる」を基本とするようになりました。 
 
自分用のがうまくできない場合も、自分は苦手なのだがどう整理すればスッキリすると思いますか?とアイデアを求めてしまうのもいいでしょう。 
一人で何もかもやろうとせず、周囲の片付上手なヒトを巻き込むのが近道です。 
 
但し、共有スペースを整頓してもらったら書類はきちんとファイリングし、使ったものは元の位置に戻しましょうね。 
でないと、手伝ってくれたヒトが怒ってしまいますよ(笑)。 
 
 
こちらの記事も、ご一緒に如何ですか? 
 

お片づけトレーニング@オフィスで捨てる

 
お片づけトレーニングAオフィスでファイリング 
 
 
ご意見ご感想反論ご提案 お待ちしております。 
無断リンク&ブックマーク・トラックバック大歓迎! 
posted by あろま at 22:18| Comment(0) | TrackBack(2) | 片付けてみよう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月26日

これは必携!キッチンタイマー

 
持っていて正解、と入手して感じた、数少ないキッチン用具のひとつです。

特に、ご飯炊いて、煮物して、魚焼いて・・・と複数のことを同時並行で進めるときに助かります。  
 
結構忘れちゃうんですよね。時計見るのって。(私だけ?)  
あとは野菜をゆでるとき、お茶を沸かすとき、パスタをゆでるとき、お風呂を入れるとき 等々、使い道は無限にあります。


魚なんて、グリルが静かだと 入れている魚の存在そのものを忘れてしまいます。

そして・・・? 
・・・・・・

(その後は考えないようにしましょう)  
 
そんなことが無いよう例えば20分おきにタイマーをかけ、鳴るたびに魚の焼き具合を確認するようにします。

湯温・水位センサーのついていないお風呂も同様。追い炊きするとき、お湯をはるとき、一定時間ごとにキッチンタイマーをつけておくようにします。  
 
 
ご意見ご感想反論ご提案 お待ちしております。

無断リンク&ブックマーク・トラックバック大歓迎!  

posted by あろま at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理してみよう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月25日

家事、どーしてもやる気が起きない・・・


そんな日は潔く、サボりましょう。(マジです)
 
仕事や試験とは違い、家事ってヤツはいつでも、そしていつまでも必要になることです。
やってもお給料は出ないし、終わりがありません。
貴重な自由時間をわざわざ割いてやっているわりには、なかなかほめてももらえません。
 
毎日きっちり料理・洗濯・掃除とムリすると、もともと苦手としている人は余計疲れてしまいます。
疲れると余計やりたくなくなり、そんな自分に後ろめたさを感じてストレスもたまり、家事そのものに嫌気がさしてきます。
そして、ゆっくりゴミ屋敷に逆戻り〜(涙)
 
それよりは、心のゆとりとやる気が(比較的)あるときに手をつけ、掃除や料理は面倒だけどやればこんなに心地いいんだ〜という快感を少しずつ重ねていくほうが、長続きしそうな気がします。
経験値があがってくれば徐々に手の抜き加減も身につくので、やる気がなくてもある程度はこなせるようになります。
 
なので、適度に手を抜くのも必要なのではないでしょうか。
あろまは平日はなるべく昼・夜自炊で頑張りますが、休日の昼食・夕食の4回中2回は外食か、旦那に作ってもらいます。
ここも頑張れば食費は節約できるでしょうが、自分のやる気を萎えさせないほうがが重要。
休日になるとカラダ的にも自炊は疲れるのか、台所に立つのが平日よりおっくうになります。
そこで外食をしてメリハリをつければ「少なくとも平日は頑張って作るか〜」という気になります。
 
但しこれ、今日も明日も明後日もその次も・・・ということになると、単なる怠け心。
何もしない日が蓄積していくと永遠に外食体質やゴミ屋敷から卒業できませんので、ご注意ください。
 
勿論、お母さん・奥さんなど他にやってくれる人がいる場合や、ホテル住まいだったりメイドさん雇っている場合は別ですが・・・
メインで家事やっている人は大概「私ばっかり もぉ〜」と不満が少しずつ蓄積しています。
何か思い当たる方は、大爆発する前に手をうっておきましょう。
「ありがとう」の一言、素敵なランチやディナー、プレゼント、休日手伝うなど、家事の苦労をちょこちょこねぎらうことで、ストレスゲージが劇的に下がります
(とにかく、貴方の苦労はちゃんと見ていますとアピール!!)
 
自分の分までやってもらえるなら、安いもんじゃない?? ←脅迫(^^)♪
 
 
お片づけ、ちょっとできるようになったかな?と思う頃にオススメ。
文字多いけど、片付かないメカニズムがわかります。
あろまは全く片付けられない時期に買って挫折しましたが・・・今なら共感できるかも。 


だから片づかない。なのに時間がない。「だらしない自分」を変える7つのステップ 
(テキストクリックで詳細見られます)


ご意見ご感想反論ご提案 お待ちしております。
無断リンク&ブックマーク・トラックバック大歓迎!
 

posted by あろま at 13:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっとずつで良いのだよ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月24日

一気に2種類、手間短縮♪

ちょっとづつ2種類茹でるのに、2回お湯を沸騰させるのは面倒だな〜 
という場合。 
ケースバイケースですが、一度で済むことがあるんですよ。 
 
このときお役にたつのが、柄つきのざるです。 
 
一度で済む組み合わせ@ ゆで卵+α 
ゆで卵と一緒に人参・アスパラ・ブロッコリを茹でることができます。 
卵は鍋に直接水から入れ、煮立ったらざるに人参やアスパラを入れ、ざるごと鍋に入れます。 
野菜が煮えたら、ざるごとひきあげましょう。 
 
一度で済む組み合わせA 人参の輪切り+人参の千切り 
同種の具で、切り方が異なる場合に有効です。 
輪切りを鍋に直接入れ、水も入れて火をつけます。 
煮立ってきたら千切りをざるごと鍋に入れます。 
千切りが煮えたらざるごとひきあげ、熱湯をきったあとお皿へ退避。 
その後、同じざるで輪切りもお湯をきりましょう。 
ポイントは、具が大きいほう(この場合は輪切り)のほうが茹で時間が長く必要なので鍋に直接入れ、小さいほうをざるに入れることです。 
 
他にもいい組み合わせがあるかも? 
よければ探してみてくださいネ。 
 
 
ご意見ご感想反論ご提案 お待ちしております。 
無断リンク&ブックマーク・トラックバック大歓迎! 
posted by あろま at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理してみよう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月23日

カレーやシチュー、作ったあとどうする?

カレー・シチューのルー系、不器用さんには欠かせないと思います。 
が、中途半端に余ったり、片付けがやっかいだったり、ちょっと困ってしまうことも。 
 
そんな場合、皆様どうされてますか? 
 
あの作ったあとの鍋の惨状。 
洗うときにルーが引っ付いて取れにくいし、スポンジがカレーまみれになるし、超ヤダー! 
と訴えていたら、友人がいい方法を教えてくれました。 
既にご存知の方も多いと思いますが、 
 
「水をカレーのついたところまではり、洗剤を1-2滴垂らして煮立てる」 
 
とのこと。成る程ね。 
早速試してみたら、ぼこんぼこんの泡と一緒にカレーの残骸が勢いよく浮かび上がってきます。 
その後お湯で流したら、殆ど残りませんでした。感動〜〜!! 
沸騰しかけたらお玉等でかきまわすとより効果的です。 
汚れが完全に取れないこともありますが、少なくともふにゃふにゃになるので、全く沸騰させないよりはずっとラクになりますよ。 
 
知らんかった!という方、是非お試しくださいませ。 
 
また、中途半端に余ったら。 
無理やり食べたり冷凍したり、カレーうどんにする!とか色々あるでしょうが・・・ 
 
ウチではグラタンかドリアに化けます。 
余ったカレーをご飯に混ぜ、適当な具(キャベツや人参、ウィンナー、きのこ、ブロッコリ等)も軽く炒めます。 
みんな耐熱皿に入れて、ホワイトソース1缶・ピザ用チーズをオン。 
電子レンジorオーブンで「グラタン」を選択し、15-6分あたためできあがり。 
 
余ったのがシチューであれば、ご飯+具にシチューとチーズを乗ってもオッケーでしょう。 
 
ウチではこうしてる! 
と、他の方法を試されている方 宜しければ貴方の家のテク?をお寄せください。 
 
こちらの記事も、ご一緒に如何ですか? 
 
こんなカレーは如何? 
 
 
ご意見ご感想反論ご提案 お待ちしております。 
無断リンク&ブックマーク・トラックバック大歓迎! 
 
posted by あろま at 18:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理してみよう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。